ヤンキーになりたかった

食う寝る遊ぶエビデイ

noteを始めて

noteを始めて半月ほどが経過した。

1,200文字程度の、原稿用紙4枚程度のエッセイなど、2時間もあれば書けるだろうとか思っていたが、その実けっこう苦戦していて、早々に更新分の「貯金」もできようかと思っていたが、残念ながらそれはしばらく叶いそうにない。

 

どうしてnoteなのか。

知り合いもそれなりにnoteをやっていて、やってみたかった、というのは一つある。

そして上記のライフハック的なものを――文章のタイプからしても、私自身の生活の知恵の貧しさからしても――提供できない気がしていた。

だから、エッセイ。

元々、最近読むようになってきたから書きたかったこともあるが、まあ結句そんな理由だった。

 

使ってみると、たしかに利用者の多いサービスだけあって、使いやすい。

あまり難しいことを考えずに文章を書けば良い。

また、様々な形式の投稿もできるので、エッセイ漫画を載せたり、喋ったのを載せたりもしやすそうだ。

ただ、簡単であることはある種トレードオフな面もあって、たとえば「はてな」みたいにHTML編集はできなかったはずだ。

だから、テーブル表記とか、ルビとかの表現は行えないことになる。

太字にするのはなんだか気がひけるけれど、圏点は振りたい――そんな要求には、残念ながら答えられないだろう。

まあ、そもそも横書きなんだから、素直に太字とか下線にしろ、という話だけれど。

 

100万人に向けて文章を書きたいわけではない。

しかし、読まれないのは、書いていてつらい。

だから、「ある程度」読んだもらいたい。

この曖昧な「ある程度」を掲げるあたりが、小賢しいと言えば小賢しいのかもしれない。

だったらばもっと具体的に思い描け、戦略を立てろ――そんなことを言われそうな気もしてしまう。

 

ネット上でよく読まれるようにするための方法の一つに、更新頻度を上げるというものがある。

できるだけ毎日更新すること。

専業でないからそれはしたくないけれど、よく言われることではある。

 

現在、noteで記事は4本投稿している。

 

 

それぞれ投稿日時は、

・ペーズリー(2019/10/1)

・経費精算とは友だちになれない(2019/10/5)

ノーベル文学賞発表の日に考えたこと(2019/10/14)

・新しい恋を始めました(2019/10/19)

おおよそ3週間で4記事のペースだ。

 

このくらいのペースで、あるいは2週間で3記事くらいのペースでやっていきたい。

3記事/2週間だと、6週間では9記事。12週間で18記事。

4記事/3週間の場合は、6週間で8記事。12週間で16記事。

1ヶ月が4週だとしたら――7×4 = 28なのだからこの計算は誤差を含みまくるが――四半期で2記事ほどの差が生まれることになるが、まあ、このくらいでやっていきたい。

これぐらいが、定期的に記事が供給され、そして無理なく書けるペースだからだ。

 

本来は、もっと閲覧数を増やすには――とか色々考えたほうがいいことはあるのだが、まあ、まずは書かないと、と思っている。

ここで、閲覧数を! と早々に考えられる人が結局はビジネスに向いているんだろうとは思うけれど、もう向いていないことについては諦めてしまった。

数年もう働いているが、マジで向いていないと思う。ビジネス。まあ、それは今はいい。主眼じゃない。

 

問題は、締切を設定することとその管理だ。

つまりTODO管理。

いつが締め切りで、それが守られたか、守られなかったか。

仮に守られなかったとして、その後のスケジュールはどうするのか。

そういったことを、管理しないといけない。

そして、手帳なんか用意したところでどうせ読まないので、スマートフォンに通知が来るようにしてあげる必要がある。

つまり、Tech的に何らかそれを行う必要がある。

 

いくつかアプリケーションを試したが、Google TODOは扱いきれそうになくて、Google Calendarはあまり使ったことがないし――でどうにも難しい。ちなみに、早々に固まった。

どうだろう。そもそも、曜日を決めてしまって14日ごとの繰り返し予定とすればいいんだろうか。その予定を3つ作って。それをCalendarアプリに入れて……。

しかし、締め切りを過ぎたらどうするんだろう?

まあ、通知はできるとして……。

などと、様々考えるが、なかなか良いアイデアが生まれない。

 

そんなこんなで試行錯誤している。

 

f:id:ifyankee:20190126233658j:plain

意味もなく画像を貼って、終わる。