ヤンキーになりたかった

食う寝る遊ぶエビデイ

新しい服を買わなくちゃ

新しい靴を買わなくちゃ』という映画がある。

朝ドラ「半分青い」脚本の北川悦吏子が監督と脚本を担当し、2012年に公開された。

私はこの映画を観たことはないし、散々な評判を見るに、あまり観たいという気も起こらない。

ただ、この映画タイトルは、私の現状を言い表すのに適している。

私も「新しい服を買わなくちゃ」いけないからだ。

f:id:ifyankee:20190503013221j:plain

 

弊社にも、「働き方改革」というダサい名前の波がやってきた。

その一環で、一部の部門で、私服勤務が許可――という名目で実質的に義務化された。

だから最近、私はもっぱらスーツ以外を着て出勤している。

服装を変え、見た目から「変わった」ことを周囲に意識付けることにはたしかに意味があるのかもしれない。

しかし、どうやら服だけで満足しているようなところがあるので、始末が悪い。

これだから表面的な「働き方改革」は――とか、そんなことを思う。

 

兎角そんなわけで、服を買わないといけなくなった。

会社に着ていけるような服を。

一応、「ビジネスカジュアル」にしろ、と言われている。

しかし、この言葉にも明確な基準があるわけじゃない。

だからひとまず、「他部門から睨まれないようにする」という非常に「日本的」なものを基準とすることになる。

まあ、どんな服を着ようと、睨む人は睨むのだが。 

 

私は、できるだけ無難な格好をしようと努力してみた。

そして、一つの問題に行き着いた。

服のバリエーションが少なすぎる問題だ。

f:id:ifyankee:20190503174652j:image

 

数日前、理系男子は服装がダサい上に3パターンしかない、とツイッター上で話題になった*1

よく囁かれる、理系男子の服装ダサい問題。

私も、もともと文系男子なのだが*2、服のバリエーションに乏しいのだ。

そして、エンジニアという職種柄だろうか*3。このバリエーションの少なさは他の人も同様らしく、かぶるのだ、服が。

 

ベージュのチノ・パンツに、水色のオックスフォードシャツ。

ある時、部門の全員が同じ格好をしてきて、図らずも多生児コーデ*4になってしまい、なんだか無性に気恥ずかしかった。

というわけで「新しい服を買わなくちゃ」だ。

 

まずこれを機に、元々読みたかったこともあって猪ノ谷言葉『ランウェイで笑って』を読み始めた。

漫画は非常に面白かったのだが、ファッション・ショーやデザイナーの世界は、今の問題に対しては何の参考にもならなかった。

〇〇縫いって言われても、パリコレって言われても……*5

ランウェイで笑って(1) (講談社コミックス)

ランウェイで笑って(1) (講談社コミックス)

 

 

そんなわけで、おとなしくクソみたいなサイトを読んでイロハを勉強するところから始めている。

シルエットの話や、色合わせとか。

それと関連づけて、『ランウェイで笑って』の9巻から掲載されている巻末付録の「読者総オシャレ化計画」も読んでいる。『ランウェイで笑って』やっぱり最高だぜ!(テノヒラクルー

 

あとは、せっかくなのでファッションブランドの名前を必死になって覚えようとしている。

ショッピングモールで迷子にならないで済むように。 

ドルチェ&ガッバーナが洋菓子店じゃなくてファッションブランドって学んだのが最近の成果だ。

もちろん、ドルチェ&ガッバーナは手が出る価格じゃないラグジュアリー・ファッションブランドだし、いわゆるショッピングモールには入っていない。

しかし、そのことすら調べてようやく知ったのだ。

こんな次第だから、このままでは、いずれ服でオタクが社内にバレる*6

コーディネートとか、パターンとかで。

f:id:ifyankee:20190503023142j:image

 

それにしても、服を買うときにも仕事を意識させられてしまうのは、なんだか癪だ。

とはいえ、仕事用とプライベート用で完全に分けて服を変えるほど、財力も整頓能力も、クローゼットの収容量もないので、それはそれで難しい。

「両用できる服を買えばいいじゃん」と人は言う。

しかしそうすると、仕事前提で私服を買うことになるので、けっきょく堂々巡りだ。

ぐぬぬ、と歯ぎしりするほかない。

 

新しい服を買わなくちゃ。

意識はすれど、やっぱり気が進まなくて足踏みする。

新しい服を買わなくちゃ。

私はまだ、服を買うことと楽しさを結びつける術も、その感覚も知らない。それを知ることができたなら、あるいは食指が動くだろうか*7

新しい服を買わなくちゃ。

とりあえず、ユニクロに行けばいのだろうか。最寄りの、アトレとかの。

 

*1:当該ツイートはすでに削除されているようだ。

*2:チャラチャラした経済学徒――ひどい偏見だが――じゃなく人文系の陰の民だったので……。

*3:無論これもまた偏見である。

*4:そういうのは通常2人でするので双子コーデというし、多生児コーデなる言葉はそもそも存在しない。

*5:完全に私が悪い。

*6:隠し通せているとは言っていない。

*7:季節ごとに楽しそうに服を買う女の子たちみたいに。