ヤンキーになりたかった

食う寝る遊ぶエビデイ

2018年7月のプレイリスト

f:id:ifyankee:20180808235321j:plain

 

 

前回やってあまり反応もなかったプレイリストを公開するやつだが、懲りずに7月も作成したので同様に公開してみることにした。

 (前回の記事↓)

 

異常な暑さによる疲れが原因なのか、仕事が急に多忙になったせいなのか、その他もろもろのせいなのか、最近は精神が参っていけない。

そういうときはひとまず歩く。その間も考えは頭をぐるぐる回り、その多くはネガティブなものなのだが、次第に疲れてくるとなんかどうでもよくなって、落ち着きを取り戻す。だいたいいつもそんな感じでやってきた。少なくともこの数年は。

だけども、今年は暑くて敵わない。夜の散歩も汗が吹き出て堪らない。そんなときのお供にしていた曲たちです

 

--なんて書くと、ちょっぴりコンセプトっぽくて良い感じでは?  と書く前は思っていたんだが、

純粋に長えな、これ。

 

【ルール】

・プレイリストは一月に一つ作成する

・作成当月に限りプレイリストへの曲の追加削除や曲順変更を認める

・一つのプレイリスト内における同一アーティストの重複選出は認めない。同じ作詞作曲者の楽曲のカバーは例外とする

 

⚪︎プレイリスト(52分)

 

⚪︎楽曲ごとの説明

 

凡例

■アーティスト「曲名」(「収録CD※」)リリース年

説明(感想)

※初出CDとは限らない

 

◾️羊文学「ハイウェイ」(「オレンジチョコレートハウスまでの道のり」)2018年

イントロがなんか落ち着く。一番サビくらいから盛り上がって。

最初にこういうのを持ってきたかったのと、なんか聴く回数が増えていたので入れた。

 

◾️印象派「常温じゃない関係」(「常温じゃない関係」)2018年

かっこいい声とやや舌っ足らずにも聞こえる可愛い系の声の対比が面白くて、あとはサウンドだけで聴ける。

ぶっちゃけあんまり歌詞とか覚えてないけど、好き。

 

◾️SHISHAMO「熱帯夜」(「SHISHAMO 3」)2016年

「明日も」とか「ねぇ」が人気のSHISHAMOだけど、この曲が一番好き。このアンニュイさみたいなのが。

最近みたいなクソ暑い熱帯夜に聴きたくなる。

 

◾️フレンズ「夜にダンス」(「夜にダンス」)2016年

MVのダンスが、ちょっとだけ演劇作品に出て来るダンスを思い出してしまってノスタルジック。

いつでも聴いても良い曲ってのは貴重。

 

◾️ものんくる「ここにしかないって言って」(「ここにしかないって言って」)2017年

Wikipedia先生によるとジャンルはジャズ。そうなんかいな。ジャズは詳しゅうない。

なんか歌い方とか声が好き。

 

◾️SUSHIBOYS「アヒルボート」(「WASABI」)2018年

歌いだしの「アヒルボート乗る アヒルボート漕ぐ アヒルボート乗って 海までYeah! Yeah!」の歌詞の印象に反して、ラップめっちゃかっこいい。ビビる。

 

◾️tofubeats, 玉城ティナ「すてきなメゾン feat. 玉城ティナ」(「POSITIVE」)2015年

tofubeatsの楽曲はもちろん素晴らしいんだけど、玉城ティナの声がときどき椎名林檎に聞こえて驚く。

この声で、当時18歳ですよ。めっちゃビビる。どうなっとんねん。歌詞も含めて。

 

◾️Ghost like girlfriend「sands」(「WITNESS」)2018年

かっこいい。もちろんポップスとして良質なんだけど、イントロでいきなり存在感が強いギターその後も随所に挟まれて、いい感じにアクセントになっている。サビ前とか。

ちなみにCメロっぽいところがグサグサ刺さって、大変に心が痛い。

 

◾️ドミコ「こんなのおかしくない?」(「hey hey, my my?(Extra Edition」)2017年

かっこいい。仕事中も何度か頭の中で「こんなのおかしくない?」って流れて大変だった。

「ほんとそれな!」って感じだった。

 

◾️MONO NO AWARE「マンマミーヤ!」(「人生、山おり谷おり」)2017年

このよくわかんないけど、ちょっぴり懐かしい感じは何なんだろう。

「もういい!どうにでもなる気がする」の開き直りがちょっとぐっとくる。

 

◾️LUCKY TAPES「22」(「22」)2018年

オシャレな感じの音楽で表すしかないのは自分の語彙力を呪う以外ないのだが……。

身体が動く感じとか、この出だしとかはブラックミュージックっぽいのに、ちょっと聞きやすくて、オシャレな感じなんだけど入っても許されそうっていうか。

 

◾️ニガミ17才「化けるレコード」(「化けるレコード」)2018年

これもまた何を言っているのか分からないんだけど、なんかかっこいい。

MVの平沢あくびのあの表情は、自分を可愛いって分かってるやつの顔だ。

 

◾️さかいゆう「Fight & Kiss」(「Fight & Kiss」)2017年

アウトロがピアノで盛り上がってピシッと終わるのがとってもかっこいいのでラストに置いた。

順番とか抜きにしてもかっこいい。

 

 

並べて、楽曲ごとになにか書いてみると、全部同じようなことしか書けていない……。

先月のものに比べ、より「最近の曲」ばかりになってしまった。これらのバンド、好きっていうよりこの曲しか知らんぜってのが実は多い。

あげく歌詞も実はそんな聴いていなくて、なんかよくわかんないけど落ち着くとかテンション上がるぐらいでプレイリストに突っ込んでいった。 

あまりにもいい加減である。

 

テキトーなことを書いているけれど、歩道橋の上で夜風を浴びながら聴くのが本当に気持ちが良いんすよ。それにしては長いけど。52分。

気分が優れなかったので、今聴く曲を昔好きだった曲にすると、生来それを聴いたときに今を思い出してつらくなって昔みたいに聴けなくなりそうだから――そんな風にビビって、新しい曲を、今まで聴いたことないような曲を、と躍起になった面は否定できないけれど、あとは少し、下に引用するツイートのような気分でもあった。

 

 〆の言葉にしては中途半端だけれど、そんな気持ち。