ヤンキーになりたかった

食う寝る遊ぶエビデイ

芸能人の恋愛沙汰を審査し始めるやつ、すね毛燃えろ

カップルの後姿

最近芸能人の結婚や交際報道が多い――この言葉に論拠はない。

しかし、そう言われると、なんとなくそんな気もする。

そう感じるのは、きっと私たち――1980年代後半から90年代前半生まれ――が思春期真っ盛りに見ていたテレビに出ていた人たちにかんするニュースが多いからだ*1。つまり私たちも年を取ったのだ。

受け取る側の情報の重みづけにはいつもバイアスがかかるというよくある話だ。私たちがそこから逃れることは、きっと根本的には不可能だし、そのことを糾弾したいわけじゃない。

 

思えばだいぶ表面上は平和になったものである。

交際報道が出ても、それでファンの芸能人やその相手を叩くのではなくてお祝いしてあげようよ! なんてことが言われるようになっている。小野賢章花澤香菜の交際を文春オンラインがスクープしたときには少なくともその発言を目にした。

昔のネットはそれはもう地獄みたいなところで、その過激さは、「声豚 打線」や「腐女子 発狂」などで検索するといくらでも出てくる。

「チンポしゃぶった口から出る音を俺に聞かせたのか」

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」

以上2つは、女性声優の豊崎愛生平沢唯(『けいおん!』シリーズ)など)と音楽家Tom-H@ck(『けいおん!』OPテーマ「Cagayake!GIRLS」など作曲)の交際報道時に書き込まれたもの*2で、なかなかキレのある発言だ。

あの頃は大変だった。私の先輩も、トムファック! と叫びながら道路標識柱を殴っていたからよく覚えている。

男性声優の結婚は、何と言っても宮野真守の時のそれが過激さで言えば追随を許さないが、ここでの引用は控える。

 

きっと「叩くのではなくて」という部分は、この「過激発言」を受けてのことだろう。

「文春」は、「文春砲」で声優ファンたちがSNS上で怒り猛ることを期待しているのだろうが、その手には乗らないよ。私たちはむしろ祝福するよ、と。

そもそも叩く材料に使われようが、祝福と称して拡散されようが、メディア発信者からすればあまり差はなく拡散された時点で勝ちなのだろうが、なんだか「文春に勝ったぜ」みたいなテンションでいるから微笑ましい。

まあ、これもまたバイアスの話と同様に主眼ではないので置いておこう。

 

では現在のネットが地獄ではないかと問われれば、そんなことはない、今も昔も地獄であるという答えが優勢であろう。

芸能人・有名人の交際報道に際して、こんなことを言う人がいる。

「あの2人ならお似合いだし納得!」

「○○と××なら素直に祝福できる!」

いや、お前、誰やねん。

 

三浦翔平、桐谷美玲日村勇紀バナナマン)、神田愛花濱口優よゐこ)、南明奈

この他にも交際や結婚が報道された芸能人・有名人カップルはいたけれど、その度に出て来る、了承してやる感を出してくるやつ。なんなんだ。というか誰なんだ。お前は芸能界のご意見番か何かかよ。お前のポジション、和田アキ子坂上忍でもう間に合ってんだよ。

もうね、お前の納得なしにパコパコしちゃいけないみたいなテンション出すのやめろよ。「娘さんを僕にください」と言われる父親のポジションにでもなったつもりかよ、「娘をよろしく頼む」かよ。納得だね! じゃねえんだよ。その2人はお前が納得するよりずっと前に2人同士で納得して付き合ってんだよ。

 

そもそも「私がお似合いだと思うとか納得する」という基準で交際/結婚が祝福されるかどうかが決まるなら、そのお眼鏡に適わない場合は大変なことになる、ということでもある。

昨年の10月、竹内涼真がアイドルグループ・恥じらいレスキューJPN里々佳との"連泊"熱愛を「女性セブン」が報じて以降、里々佳に対する誹謗中傷が相次いだ。

「キワドい水着仕事してるくせに」

「売名行為のハニートラップかよ」

「こんな、底辺アイドルと!?!?ふざけんな」

(「竹内涼真と熱愛報道 里々佳に厳しい中傷や脅迫めいた書き込み相次ぐ」より)

 先ほどは、表面上は平和になったと述べた。しかし「過激発言」そのものは、常時見られるものではなくなったが、こうした場合に噴出するものとしてあり続けている。私刑的な「善意の攻撃」という形をとって。

「最後にチャンスあげる。で、お前は竹内涼真のなんなの?」(同上)

いや、お前こそ竹内涼真のなんなんだよ。

 

「花や草に生まれたかった」と言う極端なナイーヴさも、私が審査してあげると言わんばかりのヒロイック願望やパライノアックも、その表れ方が異なっただけで、どちらも地獄めいているのは変わりはない。

そういえばあのとき噂になった竹内涼真のインスタの裏アカウント*3、くだんの里々佳をフォローしていたことはともかく家族をフォローしているとか他の人が見れるわけもないのできっと釣りなのだが、にしても「すね毛百貨店」というアカウント名はどういうことだったのだろうか……。

 

そんなことを、 秋元梢との婚約を発表した松田翔太のインスタを見ながら考えた。F4が集まってお祝いパーティをしたという1枚(松本潤は撮影者)。

 

F4と言えば『花より男子』に出てくる、英徳学園で絶大な権力を持つイケメン金持ち4人組であるが、今クールはちょうどその数年後の英徳を舞台としたドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』がTBS系列で放映されている。

同年代には思い出深いドラマの続編にあたるわけだが、なんだかんだ見逃し続けてここまで来てしまった。録画を土日に消火する人の実況ツイートで存在を思い出す始末。

そんな『花のち晴れ』主演の杉咲花は味の素Cock DoのCMでめっちゃ回鍋肉を食べているイメージが強いが、私のなかではこのサントリーフーズ クラフトボスのCMのイメージも強い。

このCMの杉咲花に「え? まだあの仕事できてないの」とか蔑まれたくないですか? あ、ないですか。そうですか。

 

*1:あるいは、いつも交際報道は盛んに行われているが特段意識しないため、言われて意識に上り、ああ多いね、と思うのだろう。

*2:まとめサイトに載っているが、今回はマジキチ速報を引用元とした 

*3:そちらについてのゴシップはりりか(アイドル)を竹内涼真のインスタ裏垢「すね毛百貨店」がフォローしている事が発覚し熱愛確定か?ネットではそのアカウント名についても話題に…ツイッターまとめ | ENDIA[エンディア]を参照のこと。